beacon

久保建英はラストプレーで好機も不発…ビジャレアル、凡ミス失点にも動じず今季2勝目

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF久保建英は後半30分から途中出場

[9.30 ラ・リーガ第4節 ビジャレアル3-1アラベス]

 ラ・リーガは30日、第4節を各地で行い、MF久保建英所属のビジャレアルアラベスを3-1で破った。今季初の3得点で2試合ぶりの白星。久保は後半30分から左ウイングの位置でピッチに立ち、開幕からの連続出場が続いたが、ラストプレーのシュートが相手GKに阻まれるなど得点には絡めなかった。

 ビジャレアルは0-4の大敗を喫したバルセロナ戦から中2日での一戦。久保は開幕節から4試合連続でベンチスタートとなった。ウナイ・エメリ監督はこの日、4-1-4-1(4-3-3)のシステムを採用。久保とポジションを争うMFサミュエル・チュクウェゼはベンチに回ったが、FWジェラール・モレノが右サイドハーフで先発した。

 ビジャレアルが優勢を保つ中、前半の早い時間帯に試合が動いた。13分、中盤での細かいパスワークで相手の布陣を動かし、右のハーフスペースでMFダニエル・パレホがボールをキープすると、いったんタメをつくってスルーパスを供給。これに抜け出したDFマリオ・ガスパールのグラウンダークロスから、FWパコ・アルカセルがニアでうまく軌道を変えて決めた。

 ところが前半36分、ビジャレアルのまさかのミスでアラベスが同点に追いつく。自陣左サイドに引いて受けたFWデイベルソンが背後にロングボールを配給すると、これをビジャレアルのGKセルジ・アセンホが目測を誤って後逸し、これに抜け出したMFエドガル・メンデスが無人のゴールに流し込んだ。

 それでもビジャレアルは前半43分、流れの中で攻撃参加したガスパールがペナルティエリア内でDFシモ・ナバーロのタックルを受けて転倒。プレーはしばらく続いていたが、VARの介入を経てビジャレアルにPKが与えられた。キッカーはモレノ。GKフェルナンド・パチェコの動きを最後まで見続ける巧みなキックを左に沈め、再びリードを奪った。

 さらにビジャレアルは後半22分、MFモイ・ゴメスの浮き球スルーパスにモレノが抜け出すと、右足ボレーは枠に嫌われたが、跳ね返ったボールにパコが反応。最初のシュートはパチェコに阻まれるも、ゴールライン側に転がったボールを押し込み、リードを3点に広げた。

 すると後半30分、ようやく久保に出番。インサイドハーフのMFマヌエル・トリゲロスがベンチに下がり、中央に移ったモイ・ゴメスの代わりに久保が左ウイングに入った。

 久保は後半37分、カウンターから抜け出そうとしたところでDFシモ・ナバーロにユニフォームを掴まれ、相手のイエローカードを誘発。アディショナルタイムには味方のワンタッチパスに抜け出し、ペナルティエリア内左からシュートも放った。だが、これはGKが余裕のある横っ飛びで阻止。そのまま試合はタイムアップを迎えた。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP