beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浅野先制弾に2年目MF東J1初弾!ベテラン青山にもミドル弾生まれ広島が3発快勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.3 J1第20節 広島3-0鳥栖 Eスタ]

 サンフレッチェ広島がホームでサガン鳥栖に3-0で快勝した。

 前半から広島が得点を重ねた。まずは前半21分、FW小屋松知哉のクリアをカットしたDF野上結貴のパスを受けたMF浅野雄也がカットインから豪快に左足を振り抜く。4試合ぶりとなる今季5点目で先制に成功すると、同アディショナルタイム1分には相手の横パスをカットしたMF東俊希がGKとの1対1を制してゴールネットを揺らす。下部組織出身の2年目MFが、J1出場31試合目で待望の初ゴールを奪った。

 前半何も出来なかった鳥栖は後半開始と同時に4枚替え。ベンチスタートさせていたMF原川力や2戦連発中のルーキーDF森下龍矢らを投入して反撃に出る。ただ流れは変わらず後半11分、直前にMF森島司に許した決定的なシュートはGK守田達弥の好セーブによって防いだが、このプレーで与えたCKからショートコーナーを繋がれ、MF青山敏弘に豪快なミドルシュートを決められた。

 3点のリードを奪った広島は、守備面にも余裕が生まれる。ゴール前ではこの日がJ1通算300試合出場となったGK林卓人が立ちふさがる。交代枠を使いながら上手く逃げ切った広島2試合ぶりの勝利。一方の鳥栖は3試合ぶりの黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP