beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名将リッピ氏が見解「ディバラはユベントスの要。成熟して決定的な選手になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リッピ氏がFWパウロ・ディバラを称賛

 名将マルチェロ・リッピ氏がイタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、古巣のユベントスについて見解を示した。

 過去にユベントスやインテルなどビッグクラブの指揮官を務め、2006年にはイタリアを率いてW杯を制したリッピ氏。イタリア人指揮官は、今夏からユベントスの指揮を執るOBのアンドレア・ピルロ監督について語った。

「彼は偉大な才能を持った選手だった。きっとピッチにおいて、彼の才能とコミュニケーション能力が活かされるはずだ。監督の真価は戦術的な面だけではなく、いかに選手の心をつかむかにあると考える。チームのために自身のクオリティーを捧げることで実力を発揮させるように導かなければならない」

「一方、技術や戦術面においては、かつて指導を受けた監督から何かしらを学び、その上で彼自身の考えがあるだろう。現在は選手たちのことを知るためにテストを行っているようだが、最終的にはトリデンテを採用し、チームに程よいバランスをもたらすだろう」

 続いてリッピ氏は、移籍期間最終日にフィオレンティーナから加入したイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに言及。自身の考えを明かした。

「彼は偉大な選手であり、戦士だ。彼の気迫やクオリティーは素晴らしい。ウィングバックでのプレー? 彼なら可能だが、正直もったいないと思う。私は彼がトリデンテの1人としてプレーすると考える。昨年の10ゴールを上回ることができるはずだ」

 最後にリッピ氏はFWパウロ・ディバラに触れ、「彼はユーベの要。昨季に大きく成熟したように見え、ユーベにとって決定的な選手になった。決定的であることは、70試合に出場することではない。45試合で高いレベルのプレーを見せることだ」と述べた。

●セリエA2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP