beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

劇的逆転の秋田が20戦無敗でJリーグ記録更新! C大23は17歳デビュー弾も力及ばず

このエントリーをはてなブックマークに追加

 J3リーグは11日に第21節を行った。首位のブラウブリッツ秋田は敵地でセレッソ大阪U-23と対戦し、3-2で勝利。Jリーグ新記録となる20試合無敗を達成した。

 秋田は前半24分にDF韓浩康がPKを沈め、先制に成功。しかしC大阪U-23もその4分後、MF島村拓弥がセットプレーからミドルシュートを決め、1-1と同点に追いつく。

 そのまま後半に折り返し、C大阪U-23は2種登録されたばかりの17歳FW小河詩朋が出場してJリーグデビュー。すると、後半12分には鋭い左足シュートでデビュー戦ゴールを決めてみせた。これにより、秋田は今季初の複数失点。1-2とリードを許すが、秋田もセットプレーからの攻撃からFW井上直輝が頭で押し込み、再び2-2と試合を振り出しに戻した。

 さらに、試合終了直前に試合は動く。秋田はMF江口直生が左サイドからクロスを上げ、ファーサイドの味方が頭で落としたところを、怪我から復帰したFW中村亮太が左足シュートで合わせ、ゴールに決め切った。秋田が3-2と再逆転に成功し、2試合ぶりの勝利を収めた。

 この勝利で、秋田は15勝5分の開幕20試合無敗を達成。15年に浦和レッズがJ1で、10年に柏レイソルがJ2で成し遂げた開幕19試合無敗記録を更新した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP