beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベンゲル氏が獲得できなかったことを最も後悔した選手は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセン・ベンゲル

 元アーセナル指揮官アーセン・ベンゲル氏獲得できなかったことを後悔する選手として、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名前を挙げた。

 22年間に渡ってアーセナルを率いたベンゲル氏は、英『ガーディアン』のインタビューの中で質問に答え、「機会があったのに契約できなかったことを後悔している選手を1人挙げるとしたら誰ですか?」という質問に回答。「うーん!そういう選手は1人ではなく50人はいるだろうね!」としつつ、「おそらく最も接近していたのは、クリスティアーノ・ロナウドだったかな。彼がマンチェスター・ユナイテッドと契約したときだ」と振り返った。

「私たちはスポルティングと契約に合意して、一方でユナイテッドはカルロス・ケイロスをアシスタントコートとして迎えた。そして彼らはすぐに私たちを上回る高値でロナウドを獲得してしまったんだ」

「でも、私たちは基本合意していた。彼はアーセナルのユニフォームを持っていたし、私は彼と彼の母親と一緒に練習場で昼食をとったよ!」

「これは一例だが、こんなことはたくさんあった。ビッグクラブの歴史は、逃がした素晴らしい選手たちで溢れているよ!」

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP