beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FM守護神・GK朴一圭の電撃移籍…仲間は知っていた? エリキ「我が兄弟よ、グッドラック」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWエリキは自身のSNSで朴にメッセージも

 横浜F・マリノスは25日、GK朴一圭(30)がサガン鳥栖に期限付き移籍をすることを発表。昨シーズン王者の守護神が新天地へと旅立った。

 横浜FMはすでにGK高丘陽平を鳥栖から獲得しており、実質トレードという形で移籍が実現。ACLに出場する横浜FMでは、外国籍登録枠3選手とアジア枠1選手の選出に悩むことになり、韓国籍の朴は出場機会が得られない可能性が高くなる。違約金を受け取りつつ高丘を手放した鳥栖とのトレードは、両クラブの思惑が一致した形となった。

 24日のJ1リーグ第28節の前倒し分・FC東京戦で、横浜FMは4-0で快勝。朴もフル出場した。翌日に移籍が発表される仲間の事情を把握していた可能性は当然高く、FWエリキは終了間際にゴールを決めると、敵陣から一直線で朴のもとへ走り、固く抱擁していた。試合が終了すると、再び仲間たちは朴のもとへ。朴は時おりユニフォームで目元をぬぐい、仲間たちと思いを共有した。

 その様子は動画でSNSにも流れており、エリキは自身のツイッター(@@ErikNL94)で反応。朴に向けて「我が兄弟よ、グッドラック」と英語でメッセージを送っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP