beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2年生MF松尾2発の尚志、聖光学院、帝京安積、学法石川が福島準決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第99回全国高校サッカー選手権福島県予選は25日、準々決勝を行った。昨夏全国3位の第1シード・尚志高福島東高と対戦。U-17日本代表のチェイス・アンリらが先発した尚志は、2年生MF松尾春希の2ゴールによって2-0で勝った。

 第2シードの聖光学院高は延長戦の末、郡山高に2-1で逆転勝ちした。MF平田愛斗の2ゴールによって福島工高を振り切った学法石川高、FW菅家悠斗の決勝点によってふたば未来学園高を下した帝京安積高も準決勝(10月31日)進出を決めている。

【福島】
[準々決勝](10月25日)
尚志高 2-0 福島東高
学法石川高 3-1 福島工高
聖光学院高 2-1(延長)郡山高
帝京安積高 1-0 ふたば未来学園高

[準決勝](10月31日)
尚志高 - 学法石川高
聖光学院高 - 帝京安積高
●【特設】高校選手権2020

TOP