beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビジャレアルが首位でGL突破! 久保建英はEL全試合スタメン継続も精彩欠き途中交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジャレアルMF久保建英

[12.3 ELグループI第5節 シバススポル0-1ビジャレアル]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は3日、グループリーグ第5節を各地で行い、MF久保建英所属のビジャレアル(スペイン)はシバススポル(トルコ)に1-0で勝利した。4勝1分の勝ち点13で1試合を残してグループ首位での決勝トーナメント進出が決定。ELで5試合連続の先発出場を果たした久保は精彩を欠くプレーが続き、後半13分に途中交代となった。

 ホームのシバススポルは決勝トーナメント進出に向けて勝利が必要な中、引き分けでもグループで優位に立てるビジャレアルはリスクを避けた戦法でスタート。それでもクロス攻撃でたびたびチャンスをつくり、前半19分にはDFハウメ・コスタのクロスからMFフランシス・コクランのヘディングシュートが左ポストに当たった。

 右サイドで先発した久保は中央に絞ってボールを受ける形が多く、なかなかゴール前には近づけない時間帯が続く。前半の終わり際にはようやく右サイドを駆け上がってドリブル突破を試みたが、力強く足を出した相手のタックルに転倒させられ、見せ場はつくれず。0-0のままハーフタイムを迎えた。

 後半も久保はチャンスに絡むことができず、パスミスが相次いで13分に交代。それでもビジャレアルは30分、オフサイドギリギリで左サイドを抜け出したJ・コスタの折り返しに途中出場のMFサミュエル・チュクウェゼが反応し、ワンタッチで押し込み先制点を奪った。試合はそのまま終了。敵地で勝ち点3を奪ったビジャレアルが首位でのグループリーグ突破を決めた。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)20-21特集
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP