beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和、ラスト5戦未勝利で10位フィニッシュ…駒井“恩返し弾”の札幌は白星締め

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道コンサドーレ札幌浦和レッズに完封勝利

[12.19 J1リーグ第34節 浦和 0-2 札幌 埼玉]

 J1リーグは19日、第34節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズ北海道コンサドーレ札幌が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半7分にMF駒井善成のゴールで先制した札幌が、同40分にMF田中駿汰が加点して2-0の完封勝利を収めた。勝利した札幌は勝ち39の12位、敗れた浦和は勝ち点46の10位でフィニッシュすることになった。

 ここ4戦未勝利(1分3敗)の浦和は12月16日の前節・川崎F戦(●1-3)から先発5人を入れ替え、FW杉本健勇、MF汰木康也、MFエヴェルトン、DF山中亮輔、DF鈴木大輔らを先発起用。一方、ここ3戦未勝利(2分1敗)の札幌は前節・大分戦(△1-1)から先発1人を入れ替え、MFアンデルソン・ロペスらがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半14分には札幌がゴールを脅かすが、FWジェイのパスに走り込んだDF福森晃斗の強烈な左足シュートはGK西川周作に弾き出されてしまう。同30分には浦和をアクシデントが襲い、負傷したFW興梠慎三がプレー続行不可能と判断されて担架でピッチを後にし、FW武藤雄樹との交代を余儀なくされた。

 0-0のまま後半を迎えると、後半5分、高い位置で駒井がボール奪取を成功させ、右のA・ロペスへ。ボールを受けたA・ロペスは左足でゴールを狙うが、シュートはクロスバーを叩いてしまう。しかし、同7分に札幌が先制に成功。カウンターを発動させて右サイドからA・ロペスがボールを運ぶと、ラストパスをファーサイドの駒井が右足で流し込み、スコアを1-0とした。

 17年まで在籍した駒井の“恩返し弾”で先制を許した浦和は、後半20分にMF阿部勇樹とMF青木拓矢、同32分にはMF武田英寿とDF宇賀神友弥をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。しかし再びスコアを動かしたのは札幌。同40分、右サイドから福森が中央に送ったボールを田中が右足の鮮やかなシュートでネットを揺らし、札幌が2-0の完封勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP