beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大型補強続く名古屋、23歳鳥栖DF森下龍矢を完全移籍で獲得!「日本一、アジア一達成のために」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF森下龍矢が名古屋に完全移籍

 名古屋グランパスは29日、サガン鳥栖からDF森下龍矢(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 磐田の下部組織で育った森下は、明治大を経て今季鳥栖に入団。ルーキーイヤーからJ1リーグ33試合出場3得点と躍動した。東京五輪世代の森下は追加招集で今月のU-23日本代表候補に初招集されていた。来季ACLに挑む名古屋はC大阪からFW柿谷曜一朗、浦和からMF長澤和輝を獲得するなど大型補強が続いている。

 名古屋を通じて、森下は「来季は名古屋グランパスの日本一、アジア一達成のために、毎日たくさんのことを学んで、強く逞しく成長したいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを示している。

以下、プロフィール

●DF森下龍矢
(もりした・りょうや)
■生年月日
1997年4月11日(23歳)
■出身地
静岡県
■身長/体重
170cm/65kg
■経歴
掛川JFC01-ジュビロSS掛川-磐田U-18-明治大-鳥栖

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP