beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日テレが皇后杯4連覇!!浦和Ⅼとの打ち合いを制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレが皇后杯4連覇

 皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会の決勝が29日にサンガスタジアムで行われ、日テレ・東京ヴェルディベレーザ浦和レッズレディースを4-3で下して4連覇を達成した。

 2年連続同カードとなった決勝。試合は前半11分、日テレがDF遠藤純のゴールで先制すると、同41分にFW宮澤ひなたが追加点を挙げ、2-0で前半を折り返した。2点を追う浦和Lは後半8分にDF高橋はなが1点を返し、同24分にFW菅澤優衣香が同点弾。試合を振り出しに戻した。その後、後半28分に日テレFW小林里歌子が得点を挙げると、負けじと浦和Lも後半41分にFW安藤梢が1点を追加し、3-3。打ち合いとなった試合は、後半43分に日テレの小林が、この日2点目となるゴールで終止符を打ち、4-3で浦和Lを下した。

 日テレは4連覇を達成し、皇后杯歴代最多となる15回目の優勝を果たした。

【決勝】
12月29日(火)
[サンガスタジアム]
浦和L 3-4 日テレ
[浦]高橋はな(53分)、菅澤優衣香(69分)、安藤梢(86分)
[日]遠藤純(11分)、宮澤ひなた(41分)、小林里歌子2(73分、88分)

●第42回皇后杯特設ページ

TOP