beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

磐田FW中野誠也が大宮へ「本気で悩みました。だからこそ、強い覚悟を持って決断しました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

磐田FW中野誠也が大宮へ

 大宮アルディージャは5日、ジュビロ磐田FW中野誠也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 中野は筑波大を卒業後、2018年から磐田に加入。19年は途中でファジアーノ岡山に期限付き移籍し、20年は磐田に復帰していた。20シーズンはJ2リーグで33試合8得点を記録している。大宮の公式サイトでは「強い覚悟を持って移籍してきました。大宮アルディージャの勝利のために全力を尽くします。2021シーズン、絶対にJ1に昇格しましょう!」とコメントしている。

 また、磐田の公式サイトでは、育成組織からプレーし続けている地元クラブへの思いも語っている。

「小さい頃から憧れていたジュビロ磐田でプロになれたこと、そしてヤマハスタジアムでプレーできた時間はかけがえのない時間でした。苦しいときもサポーターの皆さんの声に助けていただきました。ジュビロ磐田に関わる全ての皆様に、心から感謝の気持ちでいっぱいです」

「大好きなクラブを離れることは本当に難しい決断でした。本気で悩みました。だからこそ、強い覚悟を持って決断しました。ジュビロ磐田で育てていただいた経験を胸に、移籍先でも自分らしく謙虚に直向きに頑張っていきたいと思います。改めて、本当にお世話になりました。ありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP