beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“日本一”置き土産に浦和レッズへ…流通経済大のCB担う伊藤敦樹「絶対に優勝したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大MF伊藤敦樹(4年=浦和ユース)

[1.6 #atarimaeniCUP1回戦 流通経済大 2-1 北陸大]

 流通経済大MF伊藤敦樹(4年=浦和ユース)は卒業後、古巣の浦和レッズでプロ生活をスタートさせる。「絶対に優勝したい。関東を獲ることができて、2部リーグでも優勝したので、全国でも優勝して『今季を通して流大は強かった』と言われるようにしていきたい」。大学生活最後の大会に向けて、熱く意気込みを語った。

 特別指定選手として名を連ねているJリーグの選手リストにもMFとして登録されているが、今季の流通経済大ではセンターバックを担当。「自分は攻撃のほうが持ち味」という伊藤が展開力を活かして攻撃の起点となり、相方のDFアピアタウィア久(4年=東邦高/仙台内定)が相手の攻撃を潰すという関係性で、現行レギュレーションで初経験の関東2部リーグを戦い抜いてきた。

 全国初戦の北陸大戦では、相手のストライカーに合わせてアピアが左右を動き、伊藤やアンカーのMF安居海渡(3年=浦和学院高)がカバーリングに入るという臨機応変なシステムにもトライ。「アピアがヘディングが強いので、相手が(伊藤のいる)左側に蹴ることが多く、途中でアピアをそっちに持っていった」。スタートポジションは最終ラインだが、周りを動かしながら自身の武器を活かすというボランチ的な振る舞いを見せていた。

 それでも、この日のパフォーマンスには満足していなかった。相手をスーパーゴールの1点には抑えたものの、伊藤は試合後に取材で「展開力やロングボールで違いを見せることができなかった。相手が放り込んできたときの対応や、セカンドボールをしっかり拾って落ち着かせることがもっとできたと思う」と反省した。

 今季コーチに就任したチョウ・キジェコーチから「練習からプロの高い基準で指導してくれている。守備の部分も攻撃の部分も常に高い基準を求められてきた」という伊藤は「今までは自分も寄せていると思っていたけど、チョウさんからしたら『もう一歩寄せられる』と言われ続けてきた」という成長も自覚。大学最後の大会で進化を発揮したいところだ。

 チームとして目指すは日本一。「去年2部リーグに落ちてしまって、全国大会も自分が1年の時に優勝してから全国大会に出られていない。もう落ちたというわけじゃないけど、強い流経大からは離れてしまっている。そういうところを取り戻したい」。名門流経復権に向け、浦和育ちのMFが全てを出し切る。

(取材・文 竹内達也)
●#atarimaeniCUP特集ページ

TOP