beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮女子新チームは「大宮アルディージャVENTUS」! 総監督に佐々木則夫氏、コーチにはなでしこジャパン大野忍も

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木則夫氏が総監督に

 大宮アルディージャは12日、今年9月に開幕する女子プロサッカーのWEリーグに参加する新設女子チームの名前を「大宮アルディージャVENTUS」に決定することを発表した。また、総監督に佐々木則夫氏(62)、監督に岡本武行氏(53)、コーチに大野忍氏(36)、フィジカルコーチに平井芳紀氏(30)が就任することも、合わせて発表している。

 女子新チーム名は「大宮アルディージャVENTUS」(大宮V)に決定。「VENTUS」はラテン語で「風」を意味しており、「WEリーグへの新規参入チームとして女子サッカー界に新たな『風』を吹き込む、WEリーグで大きな『旋風』を巻き起こすという意味を込めてVENTUSと名付けました」とコメント。「『FC十文字VENTUS』を母体に新チームを設立することから、FC十文字VENTUSの歴史を引き継ぎ、新たな歴史を築いていくという意志を込めています」ともクラブ公式サイトで伝えている。

 佐々木氏は大宮アルディージャの初代監督でもあり、なでしこジャパン(日本女子代表)監督として2011年女子ワールドカップを制覇。12年ロンドンオリンピックや15年女子W杯では準優勝を収めている。クラブ公式サイトを通じ、「WEリーグの理念に基づき、女子サッカーの未来に向けて、私たち大宮アルディージャも皆さまにご支援いただきながらチャレンジしてまいりますので、よろしくお願いいたします」とコメントしている。

 監督を務める岡本氏は大宮のユース監督や強化・育成部長、ゼネラルマネージャーを歴任。現在は大宮の育成普及本部長を務めていた。「女子チームを設立するにあたり、多くの方々にご支援いただきましたことに感謝申し上げます。ありがとうございます。佐々木総監督の下で選手・スタッフ一丸となり、魅力あるサッカーをお見せできるよう日々精進いたします。ご支援、ご声援の程よろしくお願いいたします」と伝えている。

 なでしこジャパンでも活躍した大野氏は19年に現役を引退。0年3月からはINAC東京のテクニカルコーチを務めていた。「このたび、コーチとして就任することになりました、大野忍です。女子サッカーがまた色々な方に知ってもらい、楽しんでもらえるようなチームを作っていきたいですし、その力に自分が少しでも役立てるようにしていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」と意気込みを伝えた。

 19年からいわてグルージャ盛岡のフィジカルコーチを務めていた平井氏は「記念すべきチームの設立時に、そしてWEリーグ初年度に仕事ができることをうれしく思います。チームの勝利と女子サッカーの発展につながるように精進してまいります」と語っている。

 大宮Vは今後選手加入を順次発表。2月上旬に新体制を発表し、同月下旬から練習を行っていく。

TOP