beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン大手紙「事実は小説より奇なりだ」、C・ロナウドの“神対応”受けた少年の選手権制覇の報が欧州へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスでプレーするFWクリスティアーノ・ロナウド

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの耳にもうすぐ届くかもしれない。サッカー界のスターから“神対応”を受けた少年が、選手権を制覇した山梨学院高のMF岩岡遼太(3年)だったことが話題に。そのニュースをスペイン大手紙『マルカ』が14日に伝えた。

 第99回全国高校サッカー選手権は、山梨学院が決勝で青森山田高を破って劇的優勝。その主力選手である岩岡は、2014年7月に健康美容器具のPRで来日していたC・ロナウドとのイベントに当選。1万人を超える応募者の中から選ばれ、C・ロナウドに質問するチャンスを得た。

 当時小学6年生だった岩岡のたどたどしいポルトガル語による「僕の夢は将来あなたと一緒にプレーすることです。どうすれば夢が叶いますか? アドバイスをお願いします」という質問に会場からは笑いが漏れたが、C・ロナウドが「なぜ笑うんだ? 彼のポルトガル語は上手だよ」とフォロー。「一生懸命に話しているんだから、笑うことはないだろう」と少年の努力を認め、会場からは大きな拍手が起こった。

 C・ロナウドは岩岡の質問に「信念を持って努力し、チャンスを逃さないことだよ」と回答。岩岡はその言葉を胸に、山梨学院のメンバーに入り、日本一となった。

 日本国内で話題となったニュースは海を渡りスペインへ。スペイン大手日刊紙『マルカ』web版は「事実は小説よりも奇なり」と伝え、岩岡の躍進について「ますますエリートに近づいている」とコメント。「C・ロナウドの“加護”を受けた少年が日本で最も権威のある18歳未満のチャンピオンシップで頂点に輝いた」と報じた。

 C・ロナウドがかつて所属していたレアル・マドリーのニュースを数多く扱う『マルカ』。関係者、もしくは当の本人がこの報を知るまで、そう遠くはないかもしれない。


●ラ・リーガ2020-21特集

TOP