beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:佐賀東FW小嶋悠央「自分の強みは体の強さ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀東高FW小嶋悠央

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。D2リーグBパート1位・佐賀東高(佐賀)からはFW小嶋悠央(1年=F.THREE出身)が選出された。

以下、小嶋コメント
―リーグ戦を振り返って。
「個人は、4試合9得点し、チームの勝利に貢献できた。自分の持ち味である得点力を発揮できたので良かった。また、4試合する中で新たな課題も見つかったので、日頃の練習で改善していきたい。
 チームは、夏前に走力が足りないチームだった。しかし、夏休み期間中の走り込みで1試合を通して走れるチームになった。佐賀東のチームコンセプトでもある、状況判断とスキルの発揮の2つに加えて、球際、切り替え、ハードワークの3つをチーム全体で共有し、プレーすることができた」

―現在の課題と強み。
「自分の強みは体の強さだと思っている。体を活かしたポストプレーや、ゴール前で相手DFに負けない強さ。また右足でのシュート力。自分はパンチがあるシュートが打てるので、遠いエリアからもゴールを狙えるのが強みだと思う。
 課題は、右足でのシュートまでの至る過程がまだまだなところ。自分が良い状態で右足のシュートを打つためのシチュエーション作りとそのための技術が必要」

―目標とする選手。
「マリオ.バロテッリ選手です」

―今後の目標。
「今年の選手権にまずは試合に出ること。そして、初戦の相手は市立船橋なので、そこで結果を残し、得点王を狙います(コメントは12月)」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、佐賀東高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP