beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西U-16~Groeien~]優秀選手:東海大大阪仰星DF森田敬太朗「誰からも信頼される選手になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海大大阪仰星高CB森田敬太朗

 関西地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図ることを目的とする「関西U-16~Groeien~2020」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのG1リーグ3位、東海大大阪仰星高(大阪)からはCB森田敬太朗(1年=奈良YMCAサッカークラブジュニアユース)が選出された。

以下、森田コメント

―リーグ戦を振り返って。
「CBとして失点が多く、最後の粘りがなかった事が反省点です。また、1対1の対応やクリアミスから失点につながったプレーがあったので改善していきたいです。ロングフィードや球際の強さなどは通用していた試合もあったので、さらに磨いていきたいです。
 チームとしては、僅差で勝ち切った試合もあったのですが、初戦の東山戦や京都橘戦では、最後の数分でチーム全員が粘りきれずに負けてしまったので、自分たちの集中力と力の無さを痛感しました」

―現在の課題と強みは?
「課題はセットプレーからの得点を増やすことや、最後までゴールを割らせない集中力・対応力を仲間と共につけていきたいです。当たり負けしない身体と正確なロングキック・ビルドアップは自分の強みだと思っているので、これからも磨いていきたいです」

―目標とする選手は?
「マタイス・デ・リフト選手です。若くしてアヤックス・ユベントスで活躍し、足元の技術や対応力も高く、空中戦やゴール前で身体を張るプレーも魅力的です。彼のような誰からも信頼される選手になりたいです」

―今後の目標を教えて下さい。
「選手権とインターハイで全国制覇することです。トップチームでもスタメンで活躍できるように、日々の練習から何事も謙虚に取り組んでいきます」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、東海大大阪仰星高)
▼関連リンク
関西U-16~Groeien~2020特集ページ

TOP