beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

規律違反の浦和MF柏木が退団へ…キャンプ地沖縄にも謝罪「深くお詫び申し上げます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 浦和レッズは16日、沖縄キャンプ中の規律違反が発覚したMF柏木陽介について、他クラブに移籍する方針で調整が進んでいると発表した。公式サイトに戸苅淳フットボール本部長のオンライン会見録が掲載されている。

 戸苅氏は柏木について「浦和レッズの経験豊富な選手でもあり、チームをリードしていくべき存在として期待しておりました。浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ優勝や数々のタイトルをもたらしてくれた選手でもあり、また被災地支援など多くの社会貢献活動を積極的に行うなど、長所もたくさんある選手です。多くの感謝はあるものの、チーム内における影響や規律を継続的に保つことは最優先事項であり、双方の話し合いにより移籍する方針で調整していくことといたします」と説明した。

 クラブはこれに伴い、チームの管理不行き届きがあったとして、戸苅氏のほか、土田尚史スポーツダイレクター、西野努テクニカルダイレクターに厳重注意処分を下したという。

 会見では戸苅氏が柏木のコメントを代読。「この度は、私の軽率な行動によってファン・サポーターのみなさま、パートナー企業のみなさま、選手、クラブ、Jリーグ関係者のみなさま、そして何より緊急事態宣言下においてトレーニングキャンプの実施を受け入れてくださった沖縄のみなさまに対して、多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。多くのサポートをいただいている中で、トレーニングキャンプやJリーグが開催できているという自覚が足りず、このような行動に至ったことを深く反省しております。また、規律違反によって、新シーズンの始動後のチームにも迷惑を掛けてしまいました。重ねてお詫び申し上げます。この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪している。

 浦和が今月10日に発表したリリース文によると、選手・関係者は沖縄キャンプ中、新型コロナウイルスの感染防止のため近隣のコンビニエンスストア以外への外出や外食が禁止されていたにもかかわらず、柏木とFW杉本健勇の両選手が同4日に飲食店で外食。杉本に対しては厳重注意と罰金を課した一方、柏木は繰り返しの違反があったとして厳重注意と罰金に加えて練習参加を当面禁止していた。

 またチームに帯同していなかったFWレオナルドも移籍が決定した様子。戸苅氏は「チームは言えませんが現状、移籍することで合意しています。これからメディカルチェックをして正式発表という予定になっておりますので、みなさまには改めて進捗状況でご報告させていただきます」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP