beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎ヴィヴィくんが7年ぶり2度目の優勝! Jリーグマスコット総選挙の全順位が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎のヴィヴィくんが1位に輝いた

 Jリーグは20日、シーズン開幕を告げるもう1つの熱い戦い『Jリーグマスコット総選挙 2021』の結果を発表し、ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)が2014年以来2度目の1位に輝いた。2位はマリノスケ(横浜F・マリノス) 、3位はグランパスくん(名古屋グランパス)となっている。

 今回の投票は1日14時から12日18時にかけて実施。19日時点で合計55のマスコットのうち4位まで公開され、20日に開催された富士ゼロックススーパー杯のハーフタイム中にトップ3の順位が発表された。

 ヴィヴィくんは7年ぶり優勝。昨季の総選挙を制したマリノスケは2位で連覇を逃し、2018年と2019年の王者グランパスくんは3位となった。

以下、総選挙の結果&過去の優勝マスコット

■Jリーグマスコット総選挙2021
1位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
2位:マリノスケ(横浜F・マリノス)
3位:グランパスくん(名古屋グランパス)
4位:ニータン(大分トリニータ)
5位:ガンズくん(松本山雅FC)
6位:サンチェ(サンフレッチェ広島)
7位:ベガッ太(ベガルタ仙台)
8位:しかお(鹿島アントラーズ)
9位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)
10位:パルちゃん(清水エスパルス)
11位:ふろん太(川崎フロンターレ)
12位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
13位:東京ドロンパ(FC東京)
14位:レノ丸(レノファ山口FC)
15位:リヴェルン(東京ヴェルディ)
16位:ガンバボーイ(ガンバ大阪)
17位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
18位:ギッフィー(FC岐阜)
19位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)
20位:アビーくん(アビスパ福岡)
21位:ウィントス(サガン鳥栖)
22位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
23位:レイくん(柏レイソル)
24位:ロビー(セレッソ大阪)
25位:フリ丸(横浜FC)
26位:アルディ(大宮アルディージャ)
27位:アルビくん(アルビレックス新潟)
28位:キングベルI世(湘南ベルマーレ)
29位:トッキー(栃木SC)
30位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)
31位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)
32位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)
33位:キヅール(いわてグルージャ盛岡)
34位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
35位:ディーオ(モンテディオ山形)
36位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉)
37位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田)
38位:ナンシー(ツエーゲン金沢)
39位:パーサくん(京都サンガF.C.)
40位:ガミティ(SC相模原)
41位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
42位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
43位:ジンベーニョ(FC琉球)
44位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸)
45位:ライオー(AC長野パルセイロ)
46位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐)
47位:湯友(ザスパクサツ群馬)
48位:ライカくん(カターレ富山)
49位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取)
50位:レディア(浦和レッズ)
51位:Jリーグキング(Jリーグ)
52位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC)
53位:オ〜レくん(愛媛FC)
54位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC)
55位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜)

■過去の優勝マスコット
2013年:ベガッ太(仙台)
2014年:ヴィヴィくん(長崎)
2015年:サンチェ(広島)
2016年:ベガッ太(仙台)
2017年:サンチェ(広島)
2018年:グランパスくん(名古屋)
2019年:グランパスくん(名古屋)
2020年:マリノスケ(横浜FM)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP