beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

一時構想外から復活のデレ・アリ。モウリーニョ監督も評価「ゴールは美しかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)で結果を残したMFデレ・アリを称賛している。『BTスポーツ』が伝えた。

 今季はモウリーニョ監督の下で構想外となっていたデレ・アリ。1月にはレンタルで退団する可能性もあったが、最終的に移籍がまとまらず、残留が決まっていた。すると24日、ELラウンド32セカンドレグのヴォルフスベルガー戦でデレ・アリは先発。1ゴール2アシストの活躍を見せ、4-0の勝利に大きく貢献した。

 指揮官は殊勲のデレ・アリについてこのように語っている。

「我々は困難な時期を過ごしていた、彼はケガをしていたし、同時に話をして、残留や退団について話していた。市場が閉じ、彼はモチベーションを持って作業を開始した。彼は非常によくプレーしている。ゴールは美しかったが、アシストやチームのためのハードワークの意味の方が大きい。パフォーマンスを継続していくという仕事が、私を本当に幸せにしてくれる」

 また、4-0と勝利したチームのパフォーマンスについては「望んでいたように試合に勝った。4ゴールはすべて美しかったし、けが人もいなかった」とし、完璧だったとしている。

●ヨーロッパリーグ(EL)20-21特集
●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP