beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開幕戦で家長2発! 王者川崎Fが3年ぶり白星発進! 樺山デビューの横浜FMは2年連続開幕黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.26 J1第1節 川崎F 2-0 横浜FM 等々力]

 2021シーズンのJ1リーグが26日、開幕した。昨季王者の川崎フロンターレは等々力陸上競技場で横浜F・マリノスと対戦し、2-0の完封勝利をおさめた。FW家長昭博が2021シーズン“第1号”から連続ゴール。神奈川ダービーを制した川崎Fは3年ぶりの開幕白星を飾った。

 鬼木達体制5年目の川崎Fは20日のゼロックススーパー杯を制し、まずは1つ目のタイトルを獲得した。そのゼロックス・G大阪戦(○3-2)と同じ11人が先発し、4-3-3のシステムで新戦力のMFジョアン・シミッチがアンカーの位置が入った。
 一方、横浜FMはアンジェ・ポステコグルー体制4年目。4-2-3-1のシステムを採用し、高校卒業を間近に控える興國高の18歳FW樺山諒乃介が左サイドハーフに入り、開幕スタメンでJデビュー。今季の新戦力ではDF岩田智輝(←大分)がスタメンを飾った。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが序盤から圧倒した。前半13分、FWレアンドロ・ダミアンからパスを受けたMF三笘薫が狭いエリアを突破してシュートに持ち込んだが、これは距離を詰めたGKオビ・パウエル・オビンナがビッグセーブ。すると前半21分、MF脇坂泰斗がアーリークロスを入れ、ゴールライン際まで抜け出したDF山根視来がヒールで落とすと、家長が左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。

 2021シーズン“第1号”は家長がマーク。横浜FMは樺山が鋭いドリブル突破から見せ場を作るが、次の一点を奪ったのも川崎Fだった。前半43分、FWレアンドロ・ダミアンとワンツーの形でMF田中碧が右サイドを抜け出し、クロスを供給。走り込んだ家長が強烈ヘッドで叩き込み、2-0で前半を折り返した。

 ハーフタイム明けに横浜FMは2枚替えを行い、樺山と扇原を下げてFW前田大然とNF水沼宏太を投入した。川崎Fは後半7分に三笘が惜しいシュートを打てば、横浜FMも後半18分、前田のボール奪取からショートカウンターへ。ドリブル突破したFWオナイウ阿道が決定的なシュートを打ったが、惜しくも左ポストを叩いた。川崎Fは後半19分にMF橘田健人(←桐蔭横浜大)がピッチに入り、J1デビューを飾った。

 互いに次々と交代カードを切ったが、スコアは動かず。横浜FMは0-2で敗れ、2年連続で黒星スタートとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP