beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

5連勝の首位インテル、ルカクが手応え「昨年なら負けたはずの試合で勝てた。多くの選手が成長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテルFWロメル・ルカク

 インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、28日のジェノア戦終了後に試合を振り返った。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アントニオ・コンテ率いる首位インテルは28日、セリエA第24節において、ジェノアとホームのジュゼッペ・メアッツァで対戦。開始直後にルカクの先制点でリードすると、後半に入りDFマッテオ・ダルミアンとFWアレクシス・サンチェスが追加点を挙げて、3-0と勝利を収めた。これでセリエA5連勝を達成している。

 この日、1ゴール1アシストの活躍を見せたルカクは、チームの好調ぶりを喜んだ。

「僕らが首位なんて素晴らしい気分だよ。しかし気を緩めることなく、この調子を維持していかなければならない。昨年はこういった試合で負けていたが、今シーズンはチームが成長しているように感じる。僕はチームが勝利することができて、本当に満足しているよ」

「今日のような試合は、他のチームに対して自分たちの存在をアピールする場になる。また、自分たちの立ち位置を確かめる上でのテストになった。(ラツィオ、ミラン相手に)素晴らしい2連勝を収めた後、今日のような試合で負けることはあり得る。しかし失点することなく、3-0で素晴らしい試合をすることができたのは、今後へ向けて好材料と言える。ただリーグ戦はまだ長い。あまり先のことは考えすぎず、目の前の1試合に集中していきたい」

「“常に進化していく”というのが僕のメンタリティなんだ。しかし僕だけではない。他にも成長を続けている選手がたくさんいる。(ニコロ)バレッラや(アレッサンドロ)バストーニ、(ミラン)シュクリニアル、(ステファン)デ・フライなどね。みんな若く、成長の可能性がある。僕たちもそれを自覚しており、毎日コンディションを改善し、こういった試合に勝てるように取り組んでいる」

 今シーズン、18得点を記録しているルカクは、セリエA得点王争いにおいて、首位のユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドを1得点差で追いかける。しかし「自分のキャリアの中でも良い時期だと思うが、最も重要なのはインテルが勝利すること。ここにいることができて本当に嬉しく思うよ」と自身のタイトルより、チームを優先すると語った。

●セリエA2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP