beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京、ルヴァン杯連覇に向けて白星発進!! 田川弾で徳島を退ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京徳島ヴォルティスに完封勝利

[3.3 ルヴァン杯GL第1節 FC東京1-0徳島 味スタ]

 ルヴァン杯は2日にグループリーグ第1節を開催し、味の素スタジアムではB組のFC東京徳島ヴォルティスが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半14分にFW田川亨介の得点で先制したFC東京が1-0の完封勝利を収めた。

 大会2連覇を狙う王者・FC東京は2月27日のJ1リーグ第1節浦和戦(△1-1)から先発全員を入れ替え、大卒ルーキーのDF蓮川壮大らを先発起用。一方の徳島もJ1第1節FC大分戦(△1-1)から先発全員を入れ替え、この一戦に臨んだ。

 両チームともに相手守備を攻略し切れず。最前線までボールを運べない時間帯が続き、なかなか好機を生み出せない。前半35分にはFC東京がセットプレーからゴールに迫る。しかし、MF三田啓貴が蹴り出したFKの流れからMF青木拓矢が放ったヘディングシュートはGK長谷川徹に触れられるとクロスバーを叩き、ネットを揺らすには至らなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、徳島はDF田向泰輝と高卒ルーキーのFW鈴木輪太朗イブラヒームをピッチへと送り込む。同3分には徳島にチャンス。左サイドを突破したDF川上エドオジョン智慧のグラウンダーのクロスをFW河田篤秀がダイレクトで合わせるも、シュートは好反応を見せたGK児玉剛に阻まれてしまった。

 すると後半14分にFC東京が試合を動かす。右サイドから永井が送ったクロスに反応した徳島DF藤田征也のクリアが中途半端になると、こぼれたボールをFW田川亨介が豪快に左足で蹴り込み、スコアを1-0とした。

 その後、FC東京に追加点こそ生まれなかったものの、徳島の反撃を許さずに逃げ切り、1-0の完封勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2021特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP