beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内田篤人が明かす鹿島主将・三竿健斗との感動秘話「泣きながらトイレに行って…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元日本代表DF内田篤人が『DAZN』の番組内で、鹿島アントラーズで同僚だったDF犬飼智也、MF三竿健斗と対談を行った。

 内田は自身の冠番組である『内田篤人のFOOTBALL TIME』に出演。その中で、昨季までチームメイトとしてプレーした犬飼、三竿と対談を実施した。そこでは、内田が現役引退を明かしたときの逸話を語っている。

「引退するときもワンちゃん(犬飼)にはゲームで伝えましたもん。健斗には言わなかったんですよ。練習前のミーティングで皆集めてもらって、そこで次のガンバ大阪戦でやめることを健斗にも伝えましたね」

 三竿に伝えるのが遅くなった理由について「責任感が強いから、これを言っちゃうと、次の試合への準備やメンタルとかが狂うなと思ったので」と説明している。

 さらに、新主将となった三竿がガンバ大阪戦での印象深かった出来事について話を振ると、内田が感動的な秘話を明かす。

「円陣組む前に、一人で座っている健斗の前に歩いていって、『色々背負わせてごめんな』って言ったら、ううーって泣きながらトイレの洗面台のところに行って(笑)。俺は鹿島に来て色々とやんないといけなかったけど、できなくて全部健斗にぶん投げたからね。そこはかわいそうなことをしているなと思ったけど、健斗だからできるし、周りもサポートしてくれるから大丈夫だと思った」

 最後に、内田は主将の三竿に笑いを交えつつ、このようにエールを送った。

「健斗はいろんなプレッシャーもあり、アントラーズというビッグクラブをこの年齢でキャプテンするというのは普通の人ではできないこと。みんな信頼しているし、ついていくと思うので、美味しいクッキーを作りながら、チームをまとめて厳しい集団を作っていってほしいなと思います」
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP