beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プロ初先発で大仕事!! ルーキー佐藤凌我が初ゴール含む2発の東京V、ホームで水戸に競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京VのルーキーFW佐藤凌我が初ゴールを含む2得点

[4.4 J2第6節 東京V 2-1 水戸 味スタ]

 J2第6節2日目が4日に各地で開催された。味の素スタジアムでは20位東京ヴェルディと6位水戸ホーリーホックが対戦し、ホームの東京Vが2-1で勝利。連敗を2で止め、開幕戦以来5試合ぶりの勝ち点3を獲得した。

 前節・新潟戦で0-7とショッキングな敗戦を喫した東京Vは先発メンバー6人を変更し、明治大から今季加入したFW佐藤凌我を初のスタメン起用。対する水戸は前節・松本戦(○3-0)から3人を入れ替えて臨んだ。

 試合が動いたのは開始早々の前半2分。MF梶川諒太が縦に入れたボールを佐藤凌が頭で触り、MF佐藤優平がヘディングで返す。PA内右に抜け出した佐藤凌が左足のダイレクトシュートでニアを破り、プロ初先発でプロ初ゴールを挙げた。

 追いかける水戸は前半18分にカウンターを発動。FW深堀隼平の縦パスを受けたFW中山仁斗がPA内右に送り、走り込んだMF奥田晃也が右足でシュートを放つ。低い弾道でゴール左に決まり、今季初得点で1-1とした。

 その後、互いにチャンスを迎えながらもスコアが動かずに時間が経過したが、後半28分に東京Vが勝ち越す。右CKの二次攻撃からDF福村貴幸がPA内やや右に浮き球のパスを出し、DF若狭大志が触ったボールに佐藤凌が反応。左足で豪快に蹴り込み、この日2ゴール目を奪った。

 東京Vはリードした後も高い攻撃意識で水戸の反撃をけん制し、2-1のまま逃げ切りに成功。アウェーの水戸は3試合ぶりの敗戦となり、連勝は2でストップした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第6節2日目 スコア速報

TOP