beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本が賞味期限切れ景品を謝罪…当選者からの連絡で判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本が賞味期限切れ景品を謝罪

 松本山雅FCは5日、今季のホームゲーム3試合で実施した『ホームゲーム抽選会』の景品の中に、賞味期限の切れた飲料(24缶入3ケース)が含まれていたことを発表した。当選者からの連絡で判明したという。

 クラブは公式サイト上で「ご来場いただいた皆様にはご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。その上で「当該飲料を賞味期限以降に召し上がられましても、健康被害の可能性は低いことを製造元に確認しておりますのでご安心ください」とし、対応について「該当景品をお受け取りになられたお客様には、景品を交換させていただきます」(問い合わせ先は株式会社松本山雅)と説明している。

 また、「景品をご提供いただきましたキリンビバレッジ様には、弊クラブの管理不徹底によりご迷惑をおかけしますこと、重ねて深くお詫び申し上げます」と述べ、「今後は、景品などの物品の在庫管理方法を今一度見直し、品質管理を徹底し、再発防止に努めて参ります」と表明した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP