beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

熊本DF小笠原佳祐が右腓腹筋肉離れで戦線離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加
[故障者情報]

 ロアッソ熊本は6日、DF小笠原佳祐が検査の結果、右腓腹筋肉離れで加療期間が約3週間と診断されたことを発表した。

 クラブによると、小笠原は1日のトレーニング中に負傷。2019年に筑波大から加入し、今季はここまでJ3リーグ戦3試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP