beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「長谷部誠らが隣にいるのは大きい」フランクフルト監督、若手CBにとってのベテラン組の重要性を強調

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランとしてチームを支えるMF長谷部誠

 フランクフルトは3日のブンデスリーガ第27節でドルトムントを2-1で撃破し、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権に大きく前進。アディ・ヒュッター監督は3バックの2人の若手DFに言及した際、この試合を欠場したMF長谷部誠らベテラン組の存在の大きさを強調した。

 フランクフルトはアウェーで臨んだこの一戦で相手のオウンゴールによって先制すると、前半終了間際にDFマッツ・フンメルスに同点弾を奪われるも、後半43分にフィリップ・コスティッチからのクロスにアンドレ・シウバが頭で合わせ、2-1と勝ち越しに成功。試合はそのまま終了を迎え、4位フランクフルトは5位ドルトムントとの勝ち点差を「7」に広げた。

 試合後の会見で「だてに4位につけていないことを見せた」と満足気に語るヒュッター監督は、全2得点に絡んだコスティッチを称賛するなど選手たちに関してコメント。また、記者に3バックの右側センターバックでプレーした21歳のブラジル人DFトゥタが見せた「信じられないほど冷静で、ボールロストもほとんどなかったパフォーマンス」について問われた際にはこのように返答している。

「トゥタは特にそうだが、(左側CBの21歳フランス人DF)エバン・ヌディカと同じく、マコト・ハセベや最近ずっと中央でプレーしてきたマルティン・ヒンターエッガーやその代役のシュテファン・イルザンカーといったものすごく経験豊富な選手たちが隣にいるのは大きい。それにより落ち着き、必要なだけの自信を得られている」

「確かにトゥタを誉めなければならない。試合前には少々緊張気味だったが、プレーしているうちにそれを乗り越え、素晴らしい試合を見せたし、決定的なデュエルにもしっかりと対応した。若い選手たちの働く姿を見るのは楽しいね」

 長谷部は前節に受けた5枚目のイエローカードでドルトムント戦は出場停止となり、ヒンターエッガーは負傷離脱中。それでも3バック・フォーメーションを採用したヒュッター監督は、その中央にイルザンカーを配置。長谷部やヒンターエッガーは不在だったものの、指揮官は2人の重要性を強調していた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP