beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン紙「最悪の兆候」アトレティコがスアレスの負傷離脱を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWルイス・スアレスが負傷離脱

 アトレティコ・マドリーは7日、FWルイス・スアレスが左足の筋肉を痛めたことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、スアレスは同日のトレーニング中に違和感を覚え、クラブのメディカルサービスによる検査を受けた結果、負傷が明らかになったという。

 復帰時期については未定としているが、スペイン『マルカTV』は「最悪の兆候が確認された」とし、少なくとも3週間の離脱になるだろうと報じている。

 スアレスは今季バルセロナからアトレティコに移籍し、ここまでラ・リーガ26試合の出場で得点ランキング2位の19ゴールを記録。首位アトレティコの攻撃をけん引していたが、今後数試合を欠場することになった。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP