beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ともに大卒ルーキーがJ初ゴール!! ジェイ決勝弾の札幌が逆転勝利…仙台は開幕10戦未勝利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台に逆転勝利

[4.24 J1リーグ第11節 札幌 2-1 仙台 札幌厚別]

 J1リーグ24日、第11節を開催し、今季初めて公式戦が開催される札幌厚別公園競技場では北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台が対戦。前半16分にMF加藤千尋の得点で仙台が先制するも、後半10分にMF小柏剛の得点で札幌が追い付く。さらに同43分にFWジェイが決勝点を奪い、札幌が2-1の逆転勝利を収めて4試合ぶりの白星を獲得した。

 ここ3戦未勝利(1分2敗)の札幌は16日の第10節横浜FM戦(●1-3)から先発1人を入れ替え、DF岡村大八らを先発起用。一方、ここまで3分6敗と今季リーグ戦未勝利の仙台は前節横浜FC戦(△1-1)から先発1人を入れ替え、MFマルティノスらがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半16分に試合を動かしたのはアウェーの仙台だった。FW西村拓真のグラウンダーのクロスは一度ははねかえされたが、こぼれ球を拾ってDF真瀬拓海がクロス。ゴール前の加藤が右足ボレーで合わせて鮮やかにネットを揺らし、スコアを1-0とした。今季流経大から加入した加藤は、21日のルヴァン杯GL第3節広島戦でプロ初ゴールを奪い、この日はJ初ゴールを記録することになった。

 1点のビハインドを背負った札幌がボールを保持して試合を進めるものの、粘り強く対応する仙台守備陣を攻略するには至らず。前半32分にはマルティノスのパスに反応した加藤がPA外から右足で狙ったが、鋭いシュートは右ポストを叩いて仙台の追加点とはいかなかった。

 1-0と仙台がリードしたまま後半を迎えると、札幌はFW小柏剛を投入。すると、その小柏がペトロヴィッチ監督の期待に応える。自陣でMFチャナティップがボール奪取を成功させ、敵陣に持ち込みスルーパスを供給すると、PA内まで運んだ小柏が右足のシュートでゴールを陥れ、試合を振り出しに戻した。今季、明大から加入した小柏にとって(昨季、特別指定選手としてJデビュー)、嬉しいJ初ゴールとなった。

 その後、勝ち越しゴールを狙う両チームは、ともに選手交代をして流れを引き寄せようとする。すると、後半43分に札幌が勝ち越しゴールを記録。DF福森晃斗が蹴り出したCKをジェイが打点の高いヘディングで合わせてネットを揺らし、札幌が2-1の逆転勝利を収めた。敗れた仙台の今季リーグ戦初白星は次節以降に持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP