beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

物議を醸した札幌FWジェイの“侮辱的行為”…Jリーグの対応は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌FWジェイに厳重注意

 北海道コンサドーレ札幌は1日、FWジェイがJリーグから厳重注意を受けたことを発表した。

 ジェイは4月28日にホームで行われたルヴァン杯グループD第4節・福岡戦(△1-1)で先発出場。DF宮大樹との空中戦でファウルを取られた際、MFカウエと顔を近づけて口論になると、鼻をつまんで顔をしかめ、カウエから離れた。

 クラブによると、ジェイの侮辱的と受け取られかねない不適切な行為が確認されたことから、Jリーグがジェイ、カウエ、関係者個別にヒアリングを実施。懲罰基準に照らして審議した結果、Jリーグから厳重注意を受けたとしている。

 また、クラブは「ジェイ選手の行った行為はリスペクト精神を欠くものであり、許される行為ではないと判断し、クラブから本人へ厳重注意を致しました」と報告。併せて「クラブを通しアビスパ福岡カウエ選手、関係者様へ本件に対する謝罪をさせて頂きました」と伝えている。

 そして今回の件を受け、「クラブは今後、同様の問題が発生しないよう、クラブ全体の啓発を強め、サッカーにかかわるすべての人に対するリスペクトの精神を忘れずに挑むよう徹底して参ります」と表明した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2021特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP