beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

福岡は横浜FCに先制許すもブルーノ・メンデス弾で追いつき…両者痛み分けで終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWブルーノ・メンデスが貴重な同点ゴール

[5.26 J1第16節 横浜FC 1-1 福岡 ニッパツ]

 J1リーグは26日に第16節を行った。横浜FCアビスパ福岡の対戦は、1ー1でドロー。先制を許した福岡は追いついたものの、勝ち越すことはできず。連勝は6で止まった。

 横浜FCは4ー4ー2の布陣。守備陣はGK市川暉記、4バックはDF前嶋洋太、DF高橋秀人、DF韓浩康、DF中塩大貴を並べる。ボランチ2枚はMF瀬古樹とMF手塚康平。右MFはMFマギーニョ、左MFはMF高木友也を配置する。2トップはFW松浦拓弥とFWクレーベが入った。

 福岡も4ー4ー2の布陣。GK村上昌謙に、4バックはDFエミル・サロモンソン、DF奈良竜樹、DFドウグラス・グローリ、DF輪湖直樹が入る。ボランチ2枚はMF重廣卓也とMF前寛之。右MFはMFジョルディ・クルークス、左はMF杉本太郎が起用され、2トップはFWブルーノ・メンデスとFW山岸祐也が置かれた。

 横浜FCは前半26分に先制。高木が左サイドでクルークスのマークをはがし、左足キックでクロスを上げる。待ち構えたクレーベがニアサイドから頭で流し込み、ゴールネットを揺らしてみせた。

 前半を0ー1で折り返した福岡だが、6連勝中の勢いが味方する。後半14分、PA手前で重廣が左サイドにパス。足下に収めた輪湖が右足で高精度のクロスを上げると、B・メンデスがヘディングシュートを決め、1ー1と同点に追いついてみせた。

 横浜FCも同点直後には右サイドのパスワークから松浦がフィニッシュも、惜しくも枠外。後半20分にはB・メンデスに突破を許し、中塩が絡まりながらPA内で倒してしまう。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入も、福岡にPKの判定となるが、途中出場のFWフアンマ・デルガドのシュートは枠外に外れ、横浜FCは命拾いをした。

 横浜FCは後半25分に2枚の交代カードを切る。高木と松浦を下げ、DF武田英二郎とFWジャーメイン良が入った。福岡は同31分に重廣とB・メンデスに代えて、MF田邉草民とFW渡大生を入れる。また、39分には杉本とクルークスを下げ、DF湯澤聖人とMF石津大介が投入された。

 互いに攻め立てたが、試合はそのまま終了し、1ー1で痛み分けのドロー。福岡は連勝が6でストップした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP