beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

試合後に相手サポや選手が激怒…当事者の神戸DF菊池「後味が悪いのは嫌なので説明させてください」

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸DF菊池流帆が経緯を説明

 ヴィッセル神戸のDF菊池流帆が26日に敵地で行われたJ1第16節・柏レイソル戦(○2-1)後に自身のツイッター(@ryuupei4)を更新し、同試合で起きた出来事について語った。

 この試合では神戸が2-1でリードしたままタイムアップの笛が鳴った直後、菊池に対して柏FWクリスティアーノが激怒。柏のゴール裏からも怒号が飛ぶなど、スタジアム内が騒然とした雰囲気に包まれた。

 両チームの選手たちが整列して挨拶を行った後、菊池は歩いて柏のゴール裏へ。先に柏サポーターのもとへ駆けつけて対応していたMF山口蛍、DF酒井高徳とともに謝罪した。

 試合後に菊池は「自分自身もみんなにとっても後味が悪いのは嫌なので説明させてください」とツイート。併せて投稿した長文のスクリーンショットによると、勝利が決まった瞬間に柏サポーターに向けてガッツポーズをしたことが騒動の発端だったようだ。

 菊池は自身の行為を謝罪した上で、試合中に柏サポーターから侮辱的な言葉を受けたことで「個人的に熱くなってしまいました」と告白。「その言葉の痛さを知ってるからこそ絶対に負けたくないと思ったので勝って興奮してしまいその行為をしてしまいました」と説明し、「お互いにチームを背負ってますし、僕も神戸のために負けたくないですし、柏サポーターも負けたくないから熱くなってそういう言葉をかけてくるのも当然だと思います」と一定の理解も示した。

 また、「それに対して適切な対応をしてくれた蛍くんや高徳くんがチームにいてくれたこと。自分の行為に対して怒ったクリスティアーノ選手のチーム想いの行動。本当にかっこいいですし、感謝しかないです」とし、「でも僕はこれからもそういう言葉にも負けずどんだけ笑われようとも自分のプレーに自信を持ち貫き通します」と表明している。

 そして「熱いスタジアムで熱い雰囲気にしてくれた柏サポに感謝です。サッカーってこんなにも熱くなれて素晴らしいですね!!最高の試合でした。また柏レイソルと戦えるのを楽しみにしています。ありがとうございました」と感謝で締めくくった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP