beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

下位低迷の大分がファン・サポーターにメッセージ…片野坂監督の去就にも言及

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブは片野坂知宏監督の去就にも触れる

 大分トリニータは5日、クラブ公式サイトを通じ、クラブのファン・サポーターにメッセージを送った。

 大分は4月に「#大分トリニータ一致団結プロジェクト」と銘打ったクラウドファンディング企画をスタート。目標金額は5000万円としていたが、今回の発表で4395件から約8900万円の支援があったことを明かした。

 J1リーグに所属する大分は、現在16試合を終えた段階で、3勝3分10敗の19位と低迷。クラブ公式サイトでは、代表取締役社長の榎徹氏が「ファン・サポーターをはじめ、スポンサー、行政、株主の皆様など、多くの関係者にご心配をおかけしており、申し訳ない思いでいっぱいです。また、クラブの代表として責任を痛感しているところです」と伝えた。

 一方で、榎氏は諦めない意志も見せる。「このような状況ですが、監督、選手、スタッフはファイティングスピリットを失ってはいません。先日のアビスパ福岡戦でも最後まで体を張って勝利を手にすることができました。また、サポーターの拍手とクラウドファンディングに象徴されるような熱い心が選手の背中を押してくれました。文字どおり“一致団結”しての勝利だったと思います」。その上で、片野坂知宏監督の去就にも触れた。

「現在は、19位と降格圏内ですが、何としてもJ1残留をはたし、少しでも上の順位を目指していきたいと考えています」

「そのためには、まず、片野坂監督には引き続き指揮をとっていただきます。トリニータにとって、片野坂監督が最適だというクラブとしての判断に変わりはありません」

 榎氏は今後、勢いをつける意味も含めて選手補強を検討。準備を進めており、クラウドファンディングによる支援金も使用することを伝えた。「当初予定していた設備への投資等を少しセーブして補強資金の一部にさせていただきたいと考えています」と語っている。

 最後に、「今後も厳しい戦いが続くと予想しています。残り22試合です。多くの方の支援で成り立っている大分トリニータとしての誇りを持ち、チーム一丸となって、目の前の戦いに集中して貪欲に、泥臭く、勝ち点を、勝利を狙っていきます」と意気込みを改めて語った。

以下、クラブ公式サイトの全文
https://www.oita-trinita.co.jp/news/20210669330/

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP