beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

18年全国3位の東山が京都制覇!19年全国3位で注目FW木原擁した京都橘はインハイ届かず

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和3年度全国高校総体(インターハイ)「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」サッカー競技(福井)京都府予選決勝が6日に行われた。

 19年インターハイ3位の京都橘高と、18年インターハイ3位の東山高とのライバル対決は1-1の後半に東山MF阪田澪哉が勝ち越しゴール。だが、京都橘は試合終盤に注目FW木原励が決めて同点に追いつく。2-2で突入したPK戦の末、東山が8-7で勝利。2大会ぶり3回目のインターハイ出場を決めている。

【京都】
[決勝]
京都橘高 2-2(PK7-8)東山高
●【特設】高校総体2021

TOP