beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デンマーク代表エリクセンが突如ピッチに倒れ込む…胸骨圧迫などの救命処置で試合中断

このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州選手権(EURO2020)グループリーグ第1節のデンマーク対フィンランド戦で、デンマークの10番を背負うMFクリスティアン・エリクセン(インテル)が突如ピッチに倒れ込み、試合が中断となった。

 エリクセンは前半43分、左サイドでスローインを受ける際に突如意識を失い、ピッチに倒れ込んだ。医療スタッフがすぐさま駆け込み、試合が中断。エリクセンには胸骨圧迫(心臓マッサージ)など懸命な救命処置が施された。エリクセンを囲むデンマーク選手は無事を祈り、中には涙を流す選手もいた。フィンランドの選手たちも心配そうに様子を見つめていた。

 エリクセンはピッチ上で約15分間にわたって応急処置を受けた後、ストレッチャーに乗ってピッチから運び出された。試合は「医療上の緊急事態」があったとして、依然中断されている。

●EURO2020特集

TOP