beacon

地元紙「ありえない」三笘が途中出場から衝撃のハットトリック!! 10人サンジロワーズを逆転勝利に導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF三笘薫が衝撃のハットトリック

[10.16 ベルギー・リーグ第11節 サンジロワーズ4-2スラン]

 ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズに所属するMF三笘薫が16日、ホームで行われたベルギー・リーグ第11節スラン戦(○4-2)で途中出場し、リーグ戦初ゴールを含むハットトリックの活躍でチームを数的不利からの逆転勝利に導いた。

 ホームに13位スランを迎えた3位サンジロワーズは前半35分まで2失点を喫すると、同45分にはMFラザレ・アマニが2度目の警告で退場。しかし、後半から投入された三笘がチームを救った。

 まずは後半10分、MFテディ・テウマのパスを受け、PA内左から右足でファーに流し込む。すでにカップ戦で新天地初ゴールを挙げていたが、リーグ戦ではこれが初得点となった。

 後半21分にはFWダンテ・バンゼイルが決めて2-2と同点に追い付くと、同31分に再び三笘。バンゼイルのPA内左へのスルーパスに走り込み、トラップから右足で冷静にネットを揺らして逆転弾を奪った。

 極めつきは後半45分だ。カウンターから左サイドのハーフウェーライン付近でボールを持ち、迷わずにドリブルを開始。引き連れていたDFをPA手前中央で振り切ってボックス右に運ぶと、2人目が対応に来たが、スピードに乗ったまま右足でシュートを放つ。これがゴール左に転がり込み、4-2と勝負を決定づけるハットトリックを達成した。

 ベルギー『HLN』は試合後に「ありえない逆転劇。10人のユニオンがハットトリックのヒーロー、三笘の活躍により、スラン戦を0-2から4-2に」と報道。現地メディアにも衝撃を与える最高のパフォーマンスとなった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2021-22特集

TOP