beacon

法政大の長山監督や山梨学院高の長谷川監督ら20名がS級ライセンス講習会受講へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

法政大の長山監督(左)と山梨学院高の長谷川監督

 日本サッカー協会(JFA)は20日、22年度S級コーチ養成講習会受講者20名を公表した。

 横浜F・マリノスでアシスタントコーチを務める大島秀夫氏や、今季より名古屋グランパスでコーチに就任した三木隆司氏、いわきFCをJ3参入に導いた田村雄三氏らが受講。

 アマチュアサッカー界の指導者からは、昨年度の総理大臣杯を優勝した法政大の長山一也監督や、2020年度第99回全国高校サッカー選手権大会を優勝した山梨学院高の長谷川大監督らが名を連ねた。

 S級ライセンスを取得することで、Jリーグの監督を務めることが可能となる。

以下、受講者※肩書と年齢は11月末時点
青野慎也(42) 愛媛トップチームコーチ
壱岐友輔(41) 福岡アカデミーU-10~U-18ヘッドオブコーチング
岩田直幸(37) 千葉アカデミーへッドオブコーチング
大柴克友(48) 甲府トップチームコーチ
大島秀夫(41) 横浜FMトップチームアシスタントコーチ
北慎(45) FC東京U-15むさし監督
久保山由清(45) 清水ユースコーチ
三枝寛和(40) YS横浜トップチームコーチ
柴田慎吾(36) 札幌U-18、U-16担当
菅原大介(43) 栃木ヘッドコーチ
田村雄三(38) いわきFC監督
長山一也(39) 法政大監督
中山元気(40) 山口アシスタントコーチ
長谷川大(48) 山梨学院高監督
林雅人(43) FC今治U-18監督/アカデミーダイレクター
町中大輔(41) G大阪ジュニアユース監督
三木隆司(43) 名古屋U-15監督
村上和弘(40) 仙台トップチームコーチ
藪田光教(45) 東京Vユースコーチ
若井研治(47) 福山平成大監督

TOP