beacon

攻めに攻めるも…冨安欠場のアーセナル、バーンリー守備を攻略し切れずスコアレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルはゴールを奪えずにスコアレスドロー

[1.23 プレミアリーグ第23節 アーセナル 0-0 バーンリー]

 プレミアリーグは22日、第23節を行い、DF冨安健洋が所属するアーセナルバーンリーをホームに迎え、0-0で引き分けた。

 21日のカラバオ杯第2戦リバプール戦で先発復帰した冨安だったが、負傷によって日本代表への不参加が発表されたように、バーンリー戦は欠場となった。

 序盤からボールを保持して試合を進めるアーセナルはフィニッシュまで持ち込む場面も作り出す。しかし、バーンリー守備を攻略し切れずに前半はスコアレスで折り返す。

 後半もアーセナルが押し込む時間帯が続くも、守備に重心を置くバーンリーを崩し切れず。後半15分にはMFマルティン・ウーデゴーアが放った直接FKが枠上に外れ、同19分には意表を突いたCKからMFエミール・スミス・ロウが狙ったシュートがGKニック・ポープに阻まれてしまった。

 20本のシュートを放ったアーセナルだったが、バーンリーのゴールをこじ開けられずに0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2021-22特集

TOP