beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山形は2度追いつくも突き放され、広島に敗れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.22 J1第17節 広島3-2山形 広島ビ]

 モンテディオ山形は広島に2度追いつくも突き放されて2-3で敗れた。7試合ぶりの勝利となった前節の神戸戦(2-0)に続く連勝はならなかった。

 前半27分に早くも先制点を奪われた。しかし同33分にMF伊東俊がPA内で倒されてPKを獲得。FW大久保哲哉が日本代表GK西川周作の裏を突く見事なシュートを決めて、試合を振り出しに戻した。大久保の3戦連続弾で1-1に追いついたものの、同43分にはFW李忠成にゴールを許し、1-2。1点のビハインドで前半を折り返した。

 それでも後半27分、DF宮本卓也の右クロスに頭で合わせたのはMF太田徹郎だった。DFの間に後ろから走りこむと、ヘディングシュート。再び追いついてみせた。ここから勢いに乗りたいところだったが直後の同29分、DF西河翔吾がこの日2枚目の警告を受けて退場。数的不利な戦いを強いられてしまう。MF佐藤健太郎が最終ラインに入り、太田に代わってMF下村東美を投入。なんとか守りきりたいところだったが、同35分に宮本がPA内で相手MFを倒してしまいPKを献上してしまった。これをMF森崎浩司に決められて2-3での敗戦となった。

 前節の7戦ぶりの勝利を突破口にしたかったが、またも黒星を喫してしまった。それでも試合後のテレビインタビューで小林伸二監督は「(次戦は)連戦の最後ということで疲れはあると思うがいい形で終えたい」と中3日で迎える横浜FM戦を見据えて前を向いた。

(文 片岡涼)

TOP