beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーキー宮阪が直接FKで決勝点!!山形が逆転勝利で3連勝、甲府の開幕連勝を3でストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.20 J2第4節 山形2-1甲府 NDスタ]

 モンテディオ山形の大卒ルーキーの一撃が開幕3連勝中のヴァンフォーレ甲府に土をつけた。山形はホームで甲府と対戦。後半立ち上がりに先制点を奪われるも、FW中島裕希のゴールで追いつくと、後半39分には明治大卒のルーキーMF宮阪政樹が直接FKを沈めて逆転に成功。宮阪のプロ初ゴールが決勝点となり、山形が3連勝を飾った。一方の甲府は開幕から3連勝中だったものの今季初黒星。3戦連発中のFWダヴィも不発に終わった。

 試合後、決勝点を決めた宮阪は「すごくうれしかった」と満面の笑顔で得点シーンを振り返った。1-1で迎えた後半39分、PA前正面からのFK。「タツさん(石川竜也)がきょうは調子がいいから蹴っていいよと言ってくれたので」と宮阪がキッカーを務めた。右足から放たれたボールはゴール左へ突き刺さった。これが決勝点となり、山形が2-1で勝利した。

 山形にとっては先制点を奪われる苦しい展開だった。後半2分、後方からのパスにMF柏好文が抜け出す。DF西河翔吾が目測を誤り、クリアミス。柏にドリブルで持ち込まれると、PA左から右足シュートを打たれてしまった。これがゴール右へ決まり、甲府が先制に成功した。

 しかし後半14分、山形が試合を振り出しに戻す。左サイドスローインからFW山崎雅人が左サイドで粘る。後方のMF秋葉勝へボールを戻すと、秋葉がドリブルで仕掛けた。中央へ切れ込み、右足で浮き球のクロス。DF2枚に挟まれながらも、抜け出した中島がゴール正面からヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、1-1に追いついた。

 そして、終了間際に生まれた宮阪の決勝点。宮阪は「千葉戦でも後半立ち上がりに失点していたし、きょうも同じ時間に失点したので、そこは反省点」と冷静に分析。それでも「逆転できたのは良かった」というと笑顔をみせた。11年明治大主将の一撃で山形が3連勝。開幕ダッシュをみせていた甲府の連勝を3でストップさせた。

TOP