beacon

ユース取材ライター陣が推薦する選手権予選の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するDF藤井葉大(飯塚高2年)

 第101回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕します。ゲキサカでは「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西の高校生を中心に各カテゴリーを精力的に取材する森田将義氏による11名です。

 森田将義記者「冬に近付くにつれ、3年生の進路はほとんどが決まり、選手権が始まるとJや大学のスカウトの注目は下級生へと向けられます。まだまだ注目度は高くないものの、2年生には確かな力を持つ選手がたくさん。選手権という大舞台を経験し、成長速度が一気に加速する選手もたくさんいるはずです。今回は今年見た2年生の中から、これからのブレークを期待したい選手を挙げました。今大会の主役になる可能性もある選手ばかりなので、ぜひ注目してください」

以下、森田記者が注目する11選手
GK雨野颯真(前橋育英高2年)
「自分は1個下なので、3年生のためにという気持ちでプレーしていた」と振り返るインターハイは好セーブを連発。大会通して1失点に抑え、日本一に貢献した。思い切りの良いシュートセーブとハイボールに自信を見せる年代の屈指の守護神だ。

DF有馬康汰(神村学園高2年)
U-16日本代表に選ばれる技巧派のDF吉永夢希(2年)に注目が集まるが、反対サイドの彼もまた違った魅力を持った実力者だ。持ち味は181cmの身長と身のこなしが軽さ。右サイドで力強いオーバーラップを繰り返し、クロスからチャンスを生み出す。

DF朴勢己(東邦高2年)
ピンポイントで繰り出す左右両サイドへの展開力が売り。本職のボランチでは、184cmの身長を活かし、中盤のフィルター役としても機能するが、選手権予選では最終ラインでプレー。チームに安定感をもたらし、4年ぶりの全国行きを引き寄せた。

DF志津正剛(東山高2年)
史上最強世代と呼ばれる3年生が主軸を占める中、下級生で唯一スタメンをとる実力は伊達でない。高さを活かした競り合いの強さと左足のキックが光るCBだ。リスタートの際には、攻守両面で競り合い要員としても期待される。

DF藤井葉大(飯塚高2年)
昨年末にサイドハーフからコンバートさればかりだが、「中学は球際を強くやっているチームだったので対人は得意」。球際の強さと落ち着いた守備対応でマイボールにすると、タイミングよく攻撃に加わり、クロスで見せ場を作る。

MF山座拓達(徳島市立高2年)
「身体が小さく、まともにプレッシャーを受けたら奪われるので、どこならフリーでもらえるか常に考えている」と話すプレーメーカー。憧れの選手であるイタリア代表のMFヴェラッティ同様、的確な位置取りでボールを引き出し、パスで見せ場を作る。

MF長準喜(昌平高2年)
とにかく上手さを感じる選手だ。巧みなポジショニングによってフリーでボールを受けると、寄せてきた相手の裏をいとも簡単にとって、持ち運びで相手エリアに前進していく。小柄ながら、タイミングよく飛ぶ競り合いの強さも魅力十分だ。

MF多賀滉人(富山一高2年)
攻撃センスの高さが目を惹く10番タイプの司令塔。相手に捕まらない位置でパスを引き出し、相手の急所を突くスルーパスで見せ場を作る。前に関わる意識も強く、タイミングよくゴール前に絡んでミドルシュートでゴールを狙う。

MF久島理功(立正大淞南高2年)
元々はパサータイプだったが、中2から急激に速くなったスピードを活かすため、サイドアタッカーに転身。今夏から定位置を掴んだ立正大淞南では切れ味鋭い縦への突破を繰り返し、見る人に強烈なインパクトを与えている。

MF田口裕真(岡山学芸館高2年)
自信を覗かせるのは、ボールコントロール。来たボールを正確におさめ、スムーズにドリブルで移行して相手をかわしていく。昨年のインターハイ以降は、強い相手に潰されないよう練習にも励み、相手に与える怖さは増している。

FW野村光希(北海高2年)
スピードとフィジカルと備えたストライカー。力強いドリブルで相手エリアをグイグイと進んで、思い切りよくシュートを放つ。予選での準決勝と決勝で決勝点をマークするなど、大一番での活躍も光り、選手権でも活躍が期待される。

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校選手権2022

TOP