beacon

神戸が1か月ぶり勝利で自動降格圏脱出!J1ホーム通算150勝目にも到達

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.14 J1第26節 神戸2-1FC東京 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸がホームでFC東京を2-1で下し、3試合ぶりの白星を挙げた。勝ち点は28に伸び、アビスパ福岡をかわしてプレーオフ圏内の16位の浮上した。ホーム戦の勝利は7月6日の清水戦以来で、J1ホーム通算150勝にも到達した。

 9月に入って戦った公式戦3試合は連続して無得点。当然勝利がなかった神戸に、この日は早い時間帯で待望の先制点が生まれる。前半11分、DF酒井高徳の左クロスをFW汰木康也が落とすと、MF山口蛍が右足でアウト回転のかかったシュートを左隅の絶妙なコースに蹴り込み、スコアを動かす。

 さらに神戸は前半25分、右サイドで獲得したCKを汰木が蹴ると、DF菊池流帆が高い打点のヘッドで飛び込む。力強いシュートがゴールネットに突き刺さり、神戸が2点のリードを奪う展開に持ち込む。

 対するFC東京はハーフタイムに2枚を交代。MFアダイウトンとMF東慶悟を投入して前線に変化を与えるが、なかなかうまく噛み合わない。最終盤の後半45分にFW渡邊凌磨のパスから強引な突破をみせたFWレアンドロのゴールで1点を返すが、反撃が遅かった。

 18日の次節は神戸は残留を争うG大阪と直接対決。FC東京は今季2度目の国立競技場でのホームゲームを行い、京都と対戦する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP