beacon

横浜FMが3年ぶりJリーグ制覇に王手!! ”今季最多”大観衆のホーム最終戦で攻撃陣爆発、浦和を4発粉砕

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWアンデルソン・ロペスが2ゴール

[10.29 J1第33節 横浜FM 4-1 浦和 日産ス]

 J1リーグは29日、第33節を一斉開催し、首位の横浜F・マリノス浦和レッズを4-1で破った。他会場で2位の川崎フロンターレも勝利したため、両者の勝ち点差は2のまま最終節へ。横浜FMは11月5日に敵地で行われるヴィッセル神戸戦に勝利すれば、自力で3年ぶり5回目のリーグ制覇が決まる。

 カップ戦決勝が続いた影響で約半月ぶりとなったJ1リーグ戦。横浜FMは勝利した上で、他会場で川崎Fが引き分け以下に終われば優勝決定という条件で試合に臨んだ。横浜FMは前節の磐田戦(●0-1)からMF喜田拓也、FWアンデルソン・ロペス、FWエウベルが新たに先発。浦和は前節の札幌戦(△1-1)からMF松尾佑介とFW江坂任が新たに入った。[スタメン&布陣]

 試合は立ち上がりから横浜FMが押し込む形が続き、サイドからのクロス攻勢で浦和ゴールに向かって圧力をかける。ただ、一方の浦和もMF大久保智明が時折最終ラインに入って5バック気味に耐えると、FWキャスパー・ユンカーを起点にカウンター攻撃を展開。前半5分には松尾がカットインからの右足でファーストシュートを放った。

 前半10分過ぎからは浦和がボールを握る形となり、横浜FM陣内で過ごす時間帯が増加。同16分には右からのクロスのこぼれ球をDF大畑歩夢がペナルティエリア外から果敢に狙い、最後はゴールポストの右に外れたが、良い形をつくった。

 それでも前半17分、先に試合を動かしたのは横浜FMだった。A・ロペスのポストプレーからMF渡辺皓太が右サイドを攻め込み、MF水沼宏太がエリア内までえぐってシュートを狙うと、DFアレクサンダー・ショルツに当たったボールがファーサイドへ。これに詰めたエウベルがワンタッチで押し込んだ。

 その後も見応えある攻防が続く中、前半32分には浦和のDF酒井宏樹がイエローカードを受け、最終節の出場停止が決定。続く同35分、浦和がビッグチャンスをつくる。大久保から松尾への縦パスでカウンターのスイッチを入れると、ユンカーが最終ライン裏を打開し、江坂と絡みながら折り返しのパス。だが、MF伊藤敦樹のフィニッシュは枠を外れた。

 すると前半37分、横浜FMが再び試合を動かした。DF永戸勝也の右コーナーキックはファーサイドに流れたが、これを受けたエウベルが鋭いドリブルでペナルティエリア内を打開し、カットインから右足一閃。シュートはGK西川周作の好セーブに阻まれたが、こぼれ球にA・ロペスが詰め、ワンタッチで押し込んだ。

 後半は浦和がマンツーマン気味に圧力を高める中、横浜FMは巧みなパスワークでプレッシングをいなし、ボールを保持し続ける。そうして迎えた後半13分、横浜FMに追加点。浦和のビルドアップに中盤でプレッシャーをかけ、渡辺が江坂からボールを奪うと、FW西村拓真のパスを受けたエウベルが中央をドリブル突破。そのまま相手DFを抜き去ってゴールに沈めた。

 エウベルはこの日2ゴール目で、全3得点に絡む大活躍。ここ4試合ゴールから遠ざかっていたウインガーが優勝をかけた大一番で圧巻のパフォーマンスを見せた。

 もっとも、この日の横浜FMはなおも止まらない。後半19分、水沼の右CKにゴール前で合わせた西村のヘッドは西川のスーパーセーブに阻まれたが、直後の右CKでさらに追加点。再度の右CKを渡辺が今度はニアサイドに蹴り込むと、DFエドゥアルドが角度のないところから頭でそらし、これをA・ロペスが頭で押し込んだ。

 4点ビハインドとなった浦和も後半22分、西川のゴールキックをユンカーが収めると、右サイドから攻撃を開始。大久保のスルーパスに抜け出したユンカーがGK高丘陽平の股下をくぐらせるシュートでゴールマウスに流し込み、ようやく1点を返した。

 その後は浦和が意地の猛攻を見せ、ほぼハーフコートゲームを展開。だが、最後の崩しのパスを横浜FM守備陣が安定したブロックで防ぎ切り、途中出場のFWヤン・マテウスやFW仲川輝人のスピードを活かしてカウンターも狙う。結局、そのまま試合はタイムアップ。今季最多46,387人が集まった大観衆のホーム最終戦で、圧巻のゴールラッシュを見せた横浜FMが、3年ぶりリーグ制覇に王手をかけた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP