beacon

23年のJ最優秀ゴール賞候補が出揃う!! 11・12月度月間ベストゴールは京都FW豊川雄太

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太が11・12月度月間ベストゴールを受賞

 Jリーグは4日に11・12月度の月間ベストゴールを発表した。J1は京都サンガF.C.のFW豊川雄太が第34節・横浜F・マリノス戦で決めたゴールが選出されている。

 豊川は1点ビハインドで迎えた前半アディショナルタイム、MF金子大毅の鋭い縦パスを巧みにコントロールしてGKと1対1となり、冷静にゴールネットを揺らした。反町康治委員は「相手最終ラインをしっかり見て動き直しをしてボール1個分のパスコースを見つけ、ボールを受けてからのワンタッチターンからのフィニッシュはまさに本人のイメージ通り。ターンの技術はお手本そのもの」とコメントし、ワッキー特任委員は「イニエスタが見せたそれを思い起こさせる」と元スペイン代表MFのJ初ゴールに負けない技術を称えている。

 今回の発表により、2023年のJリーグ最優秀ゴール候補となる全9得点が出揃った。各月間ベストゴールの中から、5日のJリーグアウォーズで今季最も優れた得点が発表される。

以下、ノミネートゴール

・サガン鳥栖FW樺山諒乃介(第2節・G大阪戦における後半19分の得点)
・FC東京MF渡邊凌磨(第8節・C大阪戦における後半23分の得点)
・アルビレックス新潟MF三戸舜介(第13節・横浜FM戦における後半22分の得点)
・サンフレッチェ広島MF川村拓夢(第16節・京都戦における後半45+3分の得点)
・浦和レッズMF岩尾憲(第19節・鳥栖戦における前半38分の得点)
・サンフレッチェ広島FWマルコス・ジュニオール(第24節・川崎F戦における後半15分の得点)
・アルビレックス新潟MF三戸舜介(第27節・G大阪戦における後半38分の得点)
・FC東京MF俵積田晃太(第29節・G大阪戦における後半33分の得点)
・京都サンガF.C.FW豊川雄太(第34節・横浜FM戦における前半45+4分の得点)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP