beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

5戦連発マルキの2ゴールで横浜FMが2位浮上!!首位広島とも1差に

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.3 J1第19節 湘南1-2横浜FM BMWス]

 横浜F・マリノス湘南ベルマーレとの“神奈川ダービー”を2-1で制し、2位に浮上した。首位広島が勝ち点を伸ばせなかったことで、勝ち点差は1となった。

 ナビスコ杯を含め今季3度目の“神奈川ダービー”。今季BMWスタジアム最多の1万3786人の観衆が見守る中、キックオフした。

 ゲームを優位に進めたのはやはり横浜FMだった。前半10分、MF中村俊輔がFKを蹴り入れると、GKアレックス・サンターナがパンチングで弾く。こぼれ球をMF中町公祐がダイレクトボレーで押し込み先制に成功した。しかし当初は中町のゴールと発表されていたが、試合中にFWマルキーニョスに当たってゴールインしたとして変更になった。

 しかし我慢強くチャンスを伺う湘南も後半13分、FWキリノが右サイドから豪快にドリブル突破。シュートは右ポストを叩いてしまうが、跳ね返りをMF梶川諒太が押し込み、試合を振り出しに戻した。

 ダービーマッチらしく意地と意地のぶつかり合う好ゲームとなったが、決着を付けたのはやはり地力に勝る横浜FMだった。後半19分、エリア内に侵入したマルキーニョスがMFハン・グギョンに倒され、PKを獲得。GKアレックス・サンターナもコースは読んでいたが、マルキーニョスのシュートが脇の下を抜け、マリノスに決勝点が生まれた。

 これで5戦連続ゴールとなったマルキーニョス。FC東京の渡邉千真が2ゴールを挙げたため得点ランクトップ浮上とはならなかったが、好調ぶりを見せつけている。「チームメイトのおかげでいい感じでゴール出来ている。これを続けていきたい」と話していた。

▼関連リンク
J1第19節LIVE速報

TOP