beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季初勝利を飾った仙台、「勇気ある前進」で復活を遂げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.12 J1第7節 横浜FM0-2仙台 日産]

 最終ラインの裏には広大なスペースが生まれていた。それだけ、ベガルタ仙台はラインを高い位置に設定したが、横浜F・マリノスに多くの決定機を作らせなかった。『勇気ある前進』。この姿勢がチームに今季初白星をもたらした。

 公式戦8戦未勝利と長いトンネルから抜け出せずにいた仙台は、9日にグラハム・アーノルド監督が退任し、渡邉晋ヘッドコーチが監督に就任した。監督交代からわずか3日間で今季初勝利を得たが、キーワードは原点回帰にあった。

「ラインを高くしていたので裏を取られる場面もあったけど、前向きでボールを取れる回数が劇的に増えたと思う。もともとラインを高くしてやってきたチームなので、もう一度、そこに戻るという意味でもそうだし、不安を持ちながらやるのが一番良くないので、自信を持って今までやってきたことをやろうと思った」とDF鎌田次郎は振り返った。さらにキャプテンマークを巻くMF角田誠は「今日は前から行くことで相手が蹴ってくれた場面が何回もあったし、ウイルソンも嫌な顔をせずに前からよく追ってくれました。そういう姿勢はチームに良い影響を与えると思う」と話している。

 開幕から1カ月での監督交代に、「自分たちの責任で監督が代わったと思っているので、やらないといけない気持ちが強かった」と鎌田が話したように、選手たちも崖っぷちで迎えた一戦を見事な完封勝利で飾った。そして、この勝利がチームに与える影響は大きいと角田が話した。「とにかく今日は勝つことが必要だったので本当に良かった。勝っていけば絶対に内容は上がってくるはずなので、勝てたのは一つの成果だと思う」と胸を張った。

(取材・文 折戸岳彦)

▼関連リンク
[J1]第7節 スコア速報

TOP