beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1昇格山形が守備面強化…渡辺広大を仙台から、湘南から宇佐美を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

 モンテディオ山形は24日、ベガルタ仙台からDF渡辺広大を完全移籍で獲得したと発表した。また湘南ベルマーレからDF宇佐美宏和を完全移籍で獲得することも発表している。

 23日にGK山岸範宏の完全移籍での獲得を発表した山形が、来季のJ1での戦いに向け、守備陣の補強を行った。渡辺は市立船橋高から2005年に仙台に入団。以来、仙台一筋でプレーし、J1通算85試合5得点、J2通算85試合4得点を記録。今季は15試合に出場していた。宇佐美は13年から湘南でプレー。今季は20試合で2得点を挙げて、J1昇格に貢献していた。

 両選手はクラブを通じコメントを発表。渡辺は「モンテディオ山形のJ1 昇格には感動すら覚えました。あのファイティングスピリッツ、一体感で共に戦いたいと思いました。J1 で上位争いをできるように努力しますので、応援よろしくお願いします」。宇佐美は「1日でも早くチームに貢献できるよう、精一杯頑張ります。チームがより上へ上へと上がっていけるように、自分の特徴を出してサイドを駆け上がりたいと思います。応援よろしくお願いします」と話している。

TOP