beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊紙評価:ユベントス戦の本田に厳しい評価 「ピルロのマークは専門外、問題は…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミランMF本田圭佑は7日、セリエA第22節ユベントス戦でフル出場した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同選手に対し、4.5点と厳しい評価を下している。

 当初はベンチスタートも予想された本田だが、MFジャコモ・ボナベントゥーラが先発出場できなかったこともあり、スタメンに名を連ねた。

 ユベントスの司令塔アンドレア・ピルロをマークするなど、サイドではなく中央でプレーした背番号10は、ハードワークを見せたものの、決定的なプレーを見せることはできなかった。

『ガゼッタ』は「日本人らしい勤勉さでピルロをマークしたが、シェフにテーブルサービスを求めるようなものだった。トライしたが、彼の仕事ではない。問題は、キッチンに入ってから、つまりボールが届いてからも、何もできなかったことだ。18回のボールロスト、実質的なことは何もなかった」と評価している。

 4.5点はDFアレックス・ロドリゴとともに、チームで下から2番目の評価だった。ワーストはMFサリー・ムンタリとMFマイケル・エッシェンの4点。ワーストプレーヤーにはエッシェンが選ばれた。

 一方、チームのベストプレーヤーには、得点を挙げたアントネッリが選出。GKディエゴ・ロペスと並んで6.5点と高評価だった。そのほか、及第点の6点だったのは、MFアンドレア・ポーリ、そしてMFアレッシオ・チェルチだった。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP