beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和、唯一の無敗継続…横浜FMに鮮やか逆転勝利で単独首位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.18 J1第1ステージ第6節 浦和 2-1 横浜FM 埼スタ]

 J1は18日、第1ステージ第6節を行い、埼玉スタジアムでは無敗で首位タイの浦和レッズとここ4試合負けなしで8位の横浜F・マリノスが対戦し、浦和が2-1の逆転勝利を収めた。勝ち点と得失点差で並んでいたF東京が直前の試合で敗れていたため、浦和は単独首位になった。

 ホームの浦和は前節からFW石原直樹とFW高木俊幸に代えてMF梅崎司とMF武藤雄樹を先発起用し、一方の横浜FMはMF兵藤慎剛を今季リーグ戦初先発となるFW伊藤翔に代えてこの一戦に臨んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 後半11分に浦和がシュートチャンスを作り出す。MF宇賀神友弥からパスを受けたDF槙野智章が一気にPA付近までドリブルで運ぶと、FWズラタンへパス。前節、移籍後初得点を挙げたストライカーが右足で狙うも、ボールは枠を捉えられなかった。すると横浜FMも同12分、MF三門雄大のスルーパスに反応したFWアデミウソンがPA内に侵入してシュートを放ったが、これはGK西川周作の好セーブに阻まれた。

 その後、浦和が徐々にリズムをつかみ、シュートまで持ち込む場面を作り出す。前半18分には右サイドのMF関根貴大のクロスを梅崎がヘッドで合わせたが枠を捉え切れず。さらに同20分には関根のスルーパスから抜け出した宇賀神が、マークについたアデミウソンをワンフェイントでかわして右足で狙うもネットを揺らすには至らなかった。

 しかし、横浜FMも前半29分に決定機を創出する。カウンターからボールを運んだアデミウソンが、ゴール前でフリーになった伊藤へ。伊藤が右足で合わせたシュートは枠を捉えたが、またもや西川の好反応にストップされてしまう。しかし同33分、再びカウンターを発動させると三門の鮮やかなスルーパスに反応した伊藤が、西川の反応に遭いながらも今度はネットを揺らして横浜FMが先制に成功した。

 だが、浦和が一気に逆転する。前半43分、左サイドからのボールをPA内で受けた武藤が右足で狙う。これはポストに弾かれたものの、誰よりも早く武藤自身が反応して、こぼれ球を押し込んで試合を振り出しに戻した。さらに前半アディショナルタイムには、ズラタンのシュートのこぼれ球に反応した関根のクロスを梅崎がダイビングヘッドで押し込んで、浦和が2-1として前半を折り返した。

 同点に追い付きたい横浜FMは後半8分、決定機を生み出す。PA内でボールを受けた伊藤がヒールで流したボールに反応したアデミウソンが狙ったシュートは、西川の脇を抜けたもののカバーに入ったMF阿部勇樹のクリアに遭って同点ゴールとはいかなかった。

 その後、なかなかシュートまで持ち込めない時間帯が続いた横浜FMは、後半22分にMFファビオに代えてMF富澤清太郎を、同31分にはDF小林祐三に代えて兵藤を投入して流れを変えようと試みる。しかし、最後までゴールを狙いながらも浦和守備陣を崩し切れず。そのまま逃げ切った浦和が2-1の逆転勝利を収めて、無敗を継続させた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J1]第1ステージ第6節2日目 スコア速報

TOP